伊東マンショ生誕450周年で献花 日南市で慰霊祭

西日本新聞 社会面

 1582~90年に欧州を訪ねた「天正遣欧少年使節」の一人で宮崎県日南市にゆかりのある伊東マンショの慰霊祭が5日、市内の菩提(ぼだい)寺であり、関係者がその功績をしのんだ。

 マンショは、同市の城下町飫肥(おび)を治めた伊東家出身で今年は生誕450周年といわれる。帰国後、北九州・小倉や飫肥に布教に訪れた記録が残る。

 毎年この時期に開かれている慰霊祭には、地元の関係者約20人が参加し、母の町之上夫人の隣に眠るマンショとみられる墓前に献花。豊臣秀吉の「バテレン追放令」など為政者の弾圧に遭いながらも布教に尽くした霊を慰めた。

宮崎県の天気予報

PR

宮崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ