ネット時代、街の模型店を支えるのは? 遠方から“昔の少年”競売も

西日本新聞 ふくおか都市圏版 座親 伸吾

 飯塚市で車を走らせていると、古びた建物の窓際に並ぶ機動戦士ガンダムや戦車のプラモデルに目が止まった。看板はないが、営業はしているみたいだ。中に入ると、店内の天井まで平積みされた箱が並び、少しほこりっぽいにおいがどこか懐かしい。模型店の名は「広陽電化」(同市伊岐須)。オンラインゲーム全盛期に、「プラモデル一本でやっていけるの?」と素朴な疑問が浮かぶ。街なかの模型店主に事情を聴いた。

 飯塚市中心部から3キロ近く、「八木山峠」に向かう国道201号沿いに同店はある。木造2階建ての1階部分で、店舗面積は約40平方メートル。初期のガンダムや旧車バイクなど200~300点、価格は数百円~4000円ほどだった。

 取材で訪れた10月下旬の平日、福岡市から足を運んだ会社員男性(31)が、初期のガンダムに登場したザクを購入した。「大型商業施設にはガンプラでも新作しか置いてない。初期はなんとも言えない体形が良く、再販を探すのも大変でここまで来たんです」と、お目当ての品を手に満足そうだ。その後も数人の客がやって来た。

 「以前は小遣いをためた子どもたち、今は少年時代にプラモデルで遊んだ40代以上の世代がほとんど。福岡、北九州市からも来る」と店長の林昭男さん(32)。1963年頃、昭男さんの祖父が前身の電器店を創業。昭男さんの父・龍太郎さん(67)が店の半分で当時人気だったプラモデルを置き始め、やがて業種が入れ替わったという。

 人通りが少ない場所だが、2000年頃からネットオークションに出品し、購入者は全国に広がった。単にネット販売よりも競売の方が値が上がる利点があり、今の売り上げは店舗販売とほぼ半々だという。

 経済産業省によると、プラモデルの出荷額ピークは1989年の475億円で、90年代以降はテレビゲームの台頭で減少。2007年には約113億円まで落ち込んだ。近年の出荷は回復傾向にあるが、個人経営の玩具店そのものは減り続けているという。

 龍太郎さんは「昔は学校でも小刀で鉛筆削って遊んでいたし、職人やエンジニアには小さい頃にプラモデルを作ってた人も少なくない。技術立国と言われるけど、ゲーム中心で子どもたちの手先は不器用になってきてるよ」。

 バラバラの部品を一から作り上げ、色も塗るプラモデル。たかが遊び、されど遊び。貴重な“ものづくりの原点”なのだと気付かされた。 (座親伸吾)

   ※    ※ 

 飯塚市伊岐須296。営業時間は午前10時~午後7時、毎月第1、3日曜定休。駐車場はない。最寄りのバス停は「伊岐須」。同店=0948(22)4748。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ