浅田選手、1軍活躍誓う 飯塚市出身、市長にDeNA入団を報告

西日本新聞 筑豊版 田中 早紀

 プロ野球のドラフト会議で、横浜DeNAベイスターズから7位指名された有明高(熊本)3年、浅田将汰選手(18)=飯塚市出身=が6日、同市の片峯誠市長を訪れ、入団を報告した。浅田選手は「1軍で活躍する姿を飯塚の人たちに見せて、恩返しをしたい」とプロでの活躍を誓った。

 浅田選手は、庄内小2年のときに、軟式チーム「庄内ジャガーズ」で野球を始め、中学時代は硬式野球「飯塚ボーイズ」に所属。進学した有明高では、甲子園大会出場は果たせなかったものの、最速149キロ右腕としてチームをけん引。12カ国・地域で争う18歳以下のU18ワールドカップ(W杯)に日本代表として出場し、1次リーグの南アフリカ戦では5回を無安打に抑えた。

 自身の投球について「まっすぐのスピードは遅いかもしれないが、回転数やコントロールは他の選手に負けていない」と分析。負けず嫌いで、精神面にも自信がある。W杯では、今夏の甲子園大会で準優勝した星稜高(石川)の奥川恭伸選手や、今年のドラフトで4球団が1位指名した大船渡高(岩手)の佐々木朗希選手と肩を並べて戦い、「入念にストレッチをするようになった」など刺激を受けた。

 ドラフト会議のときは「緊張して待っていたので(指名され)ほっとした」と振り返る。7位指名ではあったが「プロに入れば順位は関係ない。1軍の選手を追い抜けるように頑張りたい」と闘志を燃やす。「球界を代表する投手になり、防御率で両リーグのトップになりたい」とも語った。

 片峯市長に「どんな投手を目指したいか」と尋ねられると、来季からベイスターズの2軍監督になる“ハマの番長”こと三浦大輔さんの名を挙げた。片峯市長は「焦らず、誘惑に負けず、一途に野球に打ち込んでほしい」とエールを送った。 (田中早紀)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ