英彦山に紅葉の季節到来

西日本新聞 筑豊版 大塚 壮

 花ごよみだが、英彦山の11月は何と言っても紅葉狩り。山頂部から徐々に下り、標高約800メートルの高住神社辺りまでカエデやサクラ、ドウダンツツジなどの葉が赤や黄色に染まっている。まだ緑を残した葉も陽光を照り返して金色に輝く。

 7度まで気温が下がった6日午前10時、神社の駐車場には他県ナンバーも含めて次々と観光客が集まり始めた。

 添田町観光ガイドボランティアの早田利光さんによると、今年は例年より色づきが1週間ほど遅く、これからが本番という。毎年訪れているという行橋市の70代女性は「この色になるのを待っていました」と、望雲台の岩場を彩る木々に見入っていた。 (大塚壮)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ