「第9」市民合唱団結成 行橋市 「リブリオ」開館記念し披露へ

西日本新聞 北九州版 石黒 雅史

 来年4月に予定している行橋市の文化教育複合施設「リブリオ行橋」開館を記念し、世界的指揮者の佐渡裕(ゆたか)さんの指揮でベートーベンの「交響曲第9番(第9)」を歌う市民合唱団の結成式が1日夜、市中央公民館であった。応募市民や地元高校生ら150人で合唱団を結成。育徳館中学・高校(みやこ町豊津)の管弦楽部の約80人が演奏し、来年5月3日に披露する。

 昨年5月、管弦楽部が佐渡さんの指導を受けたのを機に交流が始まり、生徒から「第9」演奏を提案、佐渡さんが応じた。

 結成式で管弦楽部の吉武昂祐さん(高2)は経緯を説明し「こんなにたくさんの人に参加してもらい、うれしい」とあいさつ。佐渡さんもビデオメッセージを寄せ「さまざまな年代の人が肩を組んでつくり上げるコンサート、わくわくしている」と語り「決してやさしくはないが」と厳しさものぞかせた。

 今後は月3回、行橋音楽協会の指導で練習を重ね、本番前の数日間は佐渡さんも参加してリハーサルを予定している。 (石黒雅史)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ