1歳児にエアガン連射 傷害容疑で父母逮捕  福岡県警

西日本新聞 社会面 座親 伸吾 木村 知寛

 当時1歳の三男にライフル型のエアガンを連射してけがをさせたとして、福岡県警は6日、傷害の疑いで、同県田川市伊加利、自営業常慶雅則容疑者(24)と妻藍容疑者(24)を逮捕した。「エアガンを撃ったことはない」と容疑を否認している。三男はその後死亡し、全身にはエアガンでプラスチック製BB弾を撃たれた痕とみられる数十カ所の内出血が残っていたという。

 逮捕容疑は昨年11月下旬ごろ、同市の自宅で、三男唯雅ちゃん=当時(1)=にエアガンを発射してBB弾を多数命中させ、約3週間のけがを負わせた疑い。

 県警によると、12月1日未明、藍容疑者は自宅寝室から「(唯雅ちゃんが)息をしていない」と119番した。唯雅ちゃんは搬送先の病院で死亡が確認され、死因は肺炎だった。全身に不審な点状の皮下出血があったため、消防が県警に通報した。唯雅ちゃんは1歳児の平均体重を下回っていたという。

 県警は、自宅から複数のライフル型エアガンを押収。エアガンの発射と死亡に因果関係はない、とみている。両容疑者は当時、長男(3)と長女(3カ月)の5人暮らし。

 田川児童相談所によると昨年1月、長男の「顔が腫れている」と児相に通報があった。自宅を訪ねたところ、母親と長男が「壁にぶつけた」と説明。ほかにあざがなく、虐待ではないと判断したという。唯雅ちゃんが亡くなった後、児相は長男と長女を保護した。(木村知寛、座親伸吾)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ