首相の任命責任 口先だけでは済まされぬ

西日本新聞 オピニオン面

 いやしくも行政府の長が口にした「責任」である。その重みを自覚することなく、口先だけで済まそうとするのであれば、無責任のそしりは免れまい。

 閣僚2人が立て続けに辞任した異常事態を受け、衆院予算委員会の集中審議が開かれた。安倍晋三首相は「任命者として責任を痛感している」と述べ、国民に陳謝した。首相は既に「任命責任は私にある」と繰り返し認めてきた。国民が知りたいのは、その先だ。具体的にどのように責任を取るか、である。

 当然、野党はこの点を突いた。ところが、首相は「行政を前に進めていくことに全力を尽くし、国民への責任を果たしていく」などと答弁した。

 例によって質問と答弁がかみ合っていない。「行政を前に進めていく」のは閣僚が辞めようと辞めまいと、首相をはじめ内閣に課せられた使命である。これでは、反省はするが、今まで通りにやっていきます‐と宣言するのに等しい。

 驚いたのは、「適材適所と思って任命したのか」との質問に対し、首相が「それぞれの任にふさわしい人物を任命した」と答弁したことだ。首相は「こういう結果になったことは国民におわびする」と付け加えたが、違和感を禁じ得ない。

 菅原一秀前経済産業相は有権者らにメロンなどを配った過去の疑惑が報じられるさなか、選挙区内で秘書が香典を渡した事実を突き付けられて辞任した。河井克行前法相は参院議員の妻が運動員に法定の倍の日当を支払った疑惑や自身の贈答品疑惑が報じられ、辞表を提出した。

 いずれも極めて初歩的な公選法違反の疑惑である。閣僚以前に政治家の資質が問われる問題と言っていい。国民の間には、事実だとすれば、閣僚辞任だけでは済まない。議員辞職すべきだ‐という意見も強い。

 にもかかわらず、疑惑を報じられた2人がともに「国会で説明する」としていた当日に手際よく辞めさせられ、国会を一時空転させた揚げ句、いまだに国会で説明をしていないのは一体どういうことか。

 2人の説明責任を問われた首相は「与党であれ野党であれ、国民に選ばれた自身の責任と自覚において説明すべきだ」と述べたが、まるで人ごとのように聞こえる。任命責任を痛感するなら「私の責任で国会で説明させます」となぜ言えないのか。

 もし、大臣を辞めさえすれば説明責任は免除されると考えているならば、国民に対する背信である。国会軽視も甚だしい。きょうは参院で予算委員会の集中審議が開かれる。首相が果たすべき任命責任とは何か。徹底的に審議してほしい。

PR

PR

注目のテーマ