スマホ世界4位の中国・シャオミが日本参入へ 来年から、実店舗展開し家電も投入

西日本新聞 経済面 坂本 信博

【北京・坂本信博】中国の新興スマートフォンメーカーで世界のスマートフォン市場第4位の小米科技(シャオミ)は8日、西日本新聞などの取材に対し、2020年に日本市場に参入することを明らかにした。日本のスマホ市場は世界第3位の米アップル「iPhone(アイフォーン)」がシェアの半分を握っており、東京五輪・パラリンピックの開催を機に、高性能と低価格を売りにした製品で挑む格好だ。

 同社幹部によると、日本で実店舗を展開し、主力商品のスマホに加え、インターネットにつながったAIスピーカーやテレビ、冷蔵庫など格安IoT(モノのインターネット)家電も投入する。五輪などで増加が見込まれる訪日観光客にシャオミのブランドをアピールする狙いもある。

 シャオミは欧州、アジアなど世界各国・地域でスマホや家電を販売しているが、日本には販売拠点がなかった。日本では20年春に次世代通信規格「5G」の商用サービスが始まる予定で、同社は今月1日に5Gの商用サービスが始まった中国国内で展開している5G対応スマホを日本で販売することも検討中という。

 安全保障上の懸念から米国などが華為技術(ファーウェイ)を敵視していることについて、同社幹部は「日本の個人情報保護のルールを順守する」と強調した。

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ