福岡マラソン 10日号砲 ランナー受け付けスタート

西日本新聞 黒石 規之

 福岡市と福岡県糸島市で10日に開かれる福岡マラソン(両市、福岡陸上競技協会主催、西日本新聞社共催)に出場するランナーの受け付けが8日、福岡市・天神の市役所西側ふれあい広場で始まった。受け付けは9日まででフルマラソンに約1万2000人、ともに5.2キロを走るファンランに約2000人、車いす競技に約20人が出場を予定している。

 友人と2人で受け付けを終えた同市城南区の中熊千絵さん(42)は「昨年は給水ボランティアをして頑張るランナーに刺激を受けた。初挑戦なのでとにかく完走を目指す」、3回目となる同市早良区の根岸佳子さん(41)は「今年はゴール付近の景色も楽しみながら歩かず完走したい」と意気込んでいた。

 9日の受け付けは午前10時~午後8時。会場では音楽ライブやトークショーなどのイベントも開かれる。 (黒石規之)

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ