【★どうが★やさしい日本語】ふくおか けん くるめし に「CDの 父(ちち)」の 像(ぞう)が できた

西日本新聞

「CD(コンパクトディスク=compact disc)」は、音楽(おんがく) を  きくための  道具(どうぐ) です。

これまでに、たくさんの  (ひと) が  使(つか) いました。

中島(なかじま)   平太郎(へいたろう) さんは、「ソニー」という  会社(かいしゃ) で  CDを  つくる  グループの  せきにん(しゃ) でした。

2017(ねん) に  () くなりました。

ですから、  中島(なかじま) さんを「CDの  (ちち) 」と  () ぶ  (ひと) たちが  います。

中島(なかじま) さんは、  福岡(ふくおか) (けん)   久留米(くるめ) () の  出身(しゅっしん) です。

11(がつ) 6(むいか) 、  久留米(くるめ) () の  (こう) (えん) に、  中島(なかじま) さんの  (ぞう) が  できました。

(ぞう) とは、(ひと) や  (もの) の  (かたち) を  つくったものです。

中島(なかじま) さんの  仕事(しごと) を  ほめるために、  久留米(くるめ) の  (ひと) たちが  (ぞう) を  () きました。

中島(なかじま) さんの  息子(むすこ) (74(さい) )は「(ちち) は  (よろこ) んでいると  (おも) います」と  (はな) しました。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ