11月11日はチンアナゴの日 マリンワールドで大人気

西日本新聞 社会面

 ユニークな“立ち姿”から子どもに大人気のチンアナゴが、福岡市東区のマリンワールド海の中道で展示されている。海底の砂地に、にょきっと立って、ゆらゆらと漂うのが特徴だ。

 体長30~40センチで高知沖や琉球列島など暖かい海に生息。名前の由来は顔つきが犬のチンに似ているためという。館内の二つの水槽で30匹以上を飼育。人気者だけに関連グッズも並ぶ。頭をやや傾けた姿が数字の「1」に似ていることから、11月11日は「チンアナゴの日」とも呼ばれている。「『1』に見える縁起の良い生き物」と水槽の前で拝礼する来館者も。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ