金魚舞う立体アート 熊本城ホールで「アクアリウム城」展

西日本新聞 熊本版 古川 努

 鮮やかな光に彩られた水槽を泳ぐ金魚が、暗闇に浮かび上がる-。熊本市中央区の熊本城ホール・展示ホールで、展覧会「アートアクアリウム城」が開かれている。会場は「和」をモチーフにした幻想的な異空間。音楽やオリジナルのドリンクも楽しめる。来年1月13日まで。

 ガラス工芸「江戸切子」の水槽で金魚が泳ぐ「キリコリウム」や、レンズを水槽に配した「リフレクトリウム」などが展示されている。中でも巨大金魚鉢を中心に、いくつもの水槽が配置された高さ3・5メートルの大作「超・花魁(おいらん)」は圧巻だ。

 写真撮影は可能だが、ストロボや「自撮り棒」の使用は禁止。午後5時からはオリジナルのカクテル販売や国内トップクラスのDJの登場も。入場料は高校生以上1200円、中学生以下800円、3歳以下無料。KABイベント=096(359)9051。

(古川努)

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ