丸紅、九大病院と提携 海外医療事業を推進

西日本新聞 社会面 吉田 修平

 総合商社の丸紅(東京)は11日、九州大学病院(福岡市)と医療・ヘルスケア分野の海外事業展開について包括的戦略提携を結んだと発表した。丸紅が大学病院と提携を結ぶのは初めてで「全国的に珍しい取り組みではないか」(丸紅広報部)としている。

 九大病院は、丸紅の持つ海外医療機関のネットワークの活用を期待できる。九大病院国際医療部の清水周次部長は「遠隔医療の一層の拡大や多様な組織との国際活動の充実を図れるのではないか」としている。

 丸紅は今後、東南アジアなど医療・ヘルスケア市場の成長が見込まれる地域で、九大病院が持つ遠隔医療教育のノウハウや予防医療の研究を活用。内視鏡による早期診断などの技術指導に取り組み、現地の医療サービスの向上につなげる。

 提携の第1弾として、丸紅とロシア鉄道がロシア・ハバロフスクで2021年10月に開業予定の予防医療診断センター向けに、九大病院が遠隔医療などの技術を提供する。 (吉田修平)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ