世の中で恐ろしいものと言えば「地震、雷、火事、おやじ」…

西日本新聞 オピニオン面

 世の中で恐ろしいものと言えば「地震、雷、火事、おやじ」。この例え話は江戸時代から伝わる。現代では、おやじの威厳に?が付くが、そもそもの疑問もある。なぜこの中に台風が入っていないのか

▼古来、台風禍はあっても、江戸を直撃することはまれだったのか。それとも風雨は今ほど強くなかったのか。理由は定かではないが、ネット上ではこんな俗説も

▼かつて日本では山から吹き下ろす強風を「やまじ」「おおやまじ」などと呼んだ。それがなまったのではないか-。つまり、おやじ=台風。確たる根拠はない

▼けれども、なるほどと思わせる面もある。山と風の二つの漢字が合体すると「嵐」になる。四国の愛媛では今でも「やまじ」と呼ばれる局地風が吹くし、台風という呼称が気象用語として定着したのは戦後のこと

▼北海道には「やまおやじ」と呼ばれる動物も。こちらは恐ろしいヒグマのこと。親しみも込められているようだが、自然への畏敬、畏怖の念が伝わってくる。それこそ忘れてはなるまい

▼人間の油断が見透かされたのか。今秋の風水害は昨年とは一転、東日本に集中。特に台風19号の傷痕は深い。70以上の河川の堤防がほぼ同時に決壊し、住宅被害は8万棟超。100人近くが犠牲になり、いまだ2千人以上が避難生活を送る。無論、おやじ(親父)の威厳回復より、防災の強化が先決である。19号の襲来からきょうで1カ月。

PR

春秋(オピニオン) アクセスランキング

PR

注目のテーマ