「最強の低山」楽しみ多彩 佐賀・黒髪山登山 奇岩絶景、くさりの岩場、森の散策路

西日本新聞 もっと九州面 三村 龍一

 奇岩の絶景があり、くさりで上る急な岩場があり、深い森の散策路もある-。佐賀県武雄市、伊万里市、有田町にまたがる黒髪山は、標高521メートルながら、周囲に幾つものピークが密集し、多彩なルートと山登りが楽しめる「最強の低山」だ。県内外の登山者の間で人気を呼び、繰り返し登るリピーターも増えている。

 一番の見どころは山頂にある巨大な天童岩からの眺め。360度の視界が開け、足元に龍門ダムと有田ダム、南に有田町、東に武雄市の町並み。遠く伊万里湾や唐津湾を一望する足がすくむほどの絶景だ。天童岩の上りにはくさり場もあり、ちょっとしたロッククライミング気分も味わえる。

 並んで人気なのが雌岩と雄岩の夫婦岩。直下の乳待坊(ちまちぼう)公園から見上げると、山上に突き出た二つの奇岩に圧倒される。雌岩に登ると、間近に迫る雄岩が迫力十分だ。

 もう一つ、英(はなぶさ)山(350メートル)山頂の英岩も見逃せない。250万年前の噴火で流れ出た溶岩が有田焼に不可欠な白い陶石になった。昨年10月に放送されたNHKの人気番組「ブラタモリ」で「有田焼を生んだ山」と紹介され話題を呼んだ。急勾配の英岩に立つのは多少の勇気が必要だ。

 黒髪山周辺には、他にも最高峰の青螺(せいら)山(618メートル)や前黒髪山、牧ノ山、蛇焼山などが集まり、登山口も四方に七つある。代表的なのが龍門ダム登山口から見返峠を経て黒髪山に登るコース。途中で森を抜ける樹林の道が心地よい。

 足に自信があるなら有田ダムから英山、前黒髪山、黒髪山の縦走コース。アップダウンの厳しいルートだ。逆に楽をしたいなら西光密寺まで車で上がれば、後はわずか20分で黒髪山頂。違うルートで登るたびに、違う楽しみを発見できる。 (三村龍一)

 ●のぼろスタッフと行く 黒髪山と嬉野オルレツアー

 季刊「のぼろ」スタッフと歩く西日本新聞旅行の「登山旅行シリーズ」第2弾、佐賀県の最強低山「黒髪山」登山と嬉野市のオルレツアー参加者を募集している。経験者向けの「どっぷり縦走コース」(来年1月24~25日)と、初心者向けの「ショートコース」(同2月10~11日)の2プラン。いずれも初日黒髪山登山、2日目オルレの1泊2日。ガイド歴10年のスタッフが案内し登山講座も行う。1人2万9800円から。11月28日午後1時から、西日本新聞会館10階で無料説明会。申し込みは電話かファクス。電話は午前10時~午後5時45分。ファクスは氏名、住所、電話番号、希望ツアー名明記。西日本新聞旅行=092(711)5518、ファクス=092(711)1969。

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ