中村勘九郎さん、平山監督と語る 公演と新作映画公開記念 17日に小倉昭和館

西日本新聞 宮田 英紀

 戸畑区出身で最新作が公開中の映画監督、平山秀幸さんと、「平成中村座小倉城公演」中の歌舞伎俳優、中村勘九郎さんを招いた「シネマカフェ」が17日午後8時半から、小倉北区の小倉昭和館である。

 同館は平山監督の最新作「閉鎖病棟 それぞれの朝」の公開が始まったことを受け、16日から22日まで過去の作品を2本立てで上映。平成中村座公演を記念し、勘九郎さんが勘太郎時代に出演した「ターン」と、父の故勘三郎さん主演の「やじきた道中 てれすこ」を上映作品に選んだ。

 シネマカフェでは、撮影時のエピソードや勘三郎さんの思い出などについて2人がトーク。2作品の鑑賞券(上映期間中有効)と1ドリンク付きで、前売り税込み2500円(先着250人)。電話やメールでの予約もできる。同館=093(551)4938。(宮田英紀)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ