天草人形「よかっぱ」登場 地元のかっぱ伝説にちなんで

西日本新聞 社会面

 熊本県天草地域に約300年前から伝わる素朴な陶芸品「天草人形」に地元のかっぱ伝説にちなんだ「よかっぱ」が登場した。

 後継者が減り、技能の断絶が心配されていたが、天草市下浦町の地域おこしグループと若杉浩一・武蔵野美術大教授(60)が協力し、鮮やかでかわいらしい天草人形を開発。今年、大手雑貨店チェーンの福袋にメジロの人形が採用され、注文が増加中という。

 かつて潜伏キリシタンたちは、山姥(やまんば)が子を抱いた天草人形をマリア像に見立てて信仰を守ったとされる。巧みに流行をつかむ現代の天草人形にも、伝統を守る強さが息づいている。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ