平野啓一郎 「本心」 連載第67回 第五章 “死の一瞬前”

西日本新聞 文化面

 こんな場所に、一生に一度でも旅行に来られたら、どんなにいいだろうか。仮想空間は、なるほど、現実の幸福の欠落を補ってくれるが、却(かえ)ってその渇望を掻(か)き立てるところもある。僕があまり、好きになれない理由の一つだった。

 それでも、母をせめて、ここに案内してやったなら、どんなに喜んだだろうか。

「まあ、きれいな場所ねえ。仮想空間も、馬鹿(ばか)にできないわね。」

 と笑って振り返る姿が目に浮かんだ。

 そうした楽しみを、若い僕こそが、もっと教えてやるべきではなかったか。…… 

 

 しばらくすると、足許(あしもと)に一匹の猫が近づいてきた。日本でもよく見る白黒の雑種だったが、短い毛が艶(つや)やかで、尻尾はその自由の象徴のように伸びやかだった。

 僕を見上げるので、頭を撫(な)でてやろうとした。すると、

「こんばんは。石川さんですか?」

 と、その猫が喋(しゃべ)った。

 僕は、驚いて返事をした後に、ようやく理解して、

「三好さんですか?」

 と尋ねた。

「そうです。初めまして。――猫なんです、今日は。」

 そう言って、彼女は傍らの椅子に跳び乗り、こちらを向いて座った。僕は、無料で使用できる平凡な男性のアバターをまとっていたので、何ともチグハグだった。母の安楽死のことを聞きたかったのだが、そういう深刻な話をする気を、最初からくじかれてしまった。

 しかし、それを不快とも感じなかったのは、この場所が心地良く、彼女の分身の猫の姿が、自然と僕を微笑(ほほえ)ませるほど、愛らしかったからかもしれない。

「良い場所ですね、ここは。」

スリランカのコロンボにある高級ホテルなんです。宣伝のために、ホテルがスゴくお金を掛けて作ってるから、リアルなんですよね。」

「へえ、……よく来るんですか?」

「うん、時々。でも、色んなとこ、ウロウロしてますよ。ここも、本当はすごい人で混み合ってるんです。今も、見えるようにしたら、二百人くらいいますよ。」

平野氏のメッセージ

私たちの生を、さながら肯定する思想を考え続けています。主人公は、愛する母親を亡くしたあと、仮想現実によって再現された母親と生活することになります。その過程で見えてくる母の本心と、自分の心の変化が主題です。乞うご期待!

平野啓一郎(ひらの・けいいちろう)プロフィール

 1975年、愛知県蒲郡市生まれ、北九州市育ち。東京都在住。京都大在学中の99年、デビュー作「日蝕」で芥川賞。「ある男」(読売文学賞)など。「マチネの終わりに」(渡辺淳一文学賞)は福山雅治さん、石田ゆり子さん共演で映画化され、11月1日に公開予定。

マチネの終わりにの公式サイト

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ