不思議の国のアリス展

西日本新聞

名作『不思議の国のアリス』が、英国の作家ルイス・キャロルによって世に送り出されてから150年余り。物語は170もの言語に翻訳されており、発行部数は1億部の世界的ベストセラーとなっています。少女アリスが迷い込む不思議な世界、次々に登場するキャラクターと奇想天外なストーリーは、今も多くの人々に愛されています。
本展は『不思議の国のアリス』『鏡の国のアリス』の二つの物語を軸に、美術、映画、舞台、写真、ファッションなど、さまざまな分野に影響を与え、また国内外のアーティストの創作意欲を刺激し続けるアリスの魅力を、日本初公開となる貴重な資料や、現在活躍するアーティストが手掛けた作品など、約200点とともに紹介されます。

《日程》2019/12/03(火) 〜 2020/01/19(日)

《時間》09:30 〜 17:30   入館は17:00まで

《休館日》毎週月曜日・12月28日~1月4日(ただし1月13日(月・祝)は開館、1月14日(火)は休館)

《料金》一般1,400円(1,200円)、高大生1,000円(800円)、小中生600円(400円) ※価格は全て税込 ※小学生未満は観覧料無料(但し、保護者同伴) ※( )内は前売りおよび20名以上の団体、満65歳以上の割引料金 ※身体障害者手帳精神障害者保健福祉手帳療育手帳の提示者とその介護者1名および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は観覧無料

《主催》福岡市美術館、西日本新聞社、RKB毎日放送、東映

《URL》http://www.alice2019-20.jp/

《問い合わせ先》  TEL: 092-714-6051(代表)

さらに詳しい情報は「九州、山口の展覧会情報&アートカルチャーWEBマガジン ARTNE」をチェックしてください。

PR

文化 アクセスランキング

PR

注目のテーマ