『太陽はひとりぼっち』 鈴木るりか 著 (小学館、1430円)

西日本新聞 夕刊

 デビュー作『さよなら、田中さん』の登場人物たちがつむぐ新たな物語3編を収録。表題作は中学生になった田中花実とパワフルな母親らが織りなす人間模様と騒動をコミカルに描く。著者は小学生のとき「12歳の文学賞」大賞を連続受賞、14歳でデビューした話題の高校生作家。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ