関門鉄道トンネル77年 記念乗車券を発売 JR九州

西日本新聞 布谷 真基

 JR九州は15日、山陽線の門司-下関間を結ぶ「関門鉄道トンネル」が開業77年を迎えるのを祝う記念乗車券セットを発売する。門司駅と門司港駅から下関駅までの片道乗車券2枚がセットになっている。乗車券は、硬い厚紙で作られた昔懐かしい仕様。

 山陽線の関門鉄道トンネルは1942年11月15日に開業。人間でいえば喜寿を迎える。それまで本州と九州の往来は関門連絡船を介して30分以上を要していたが、開業によって9分程度(当時)まで短縮した。

 記念乗車券の有効期限は来年3月末。自動改札では使えない。台紙にはトンネルの歴史や構造、往年の列車が載っている。価格は1セット770円で門司駅1400セット、門司港駅600セットの計2千セット限定。15日の窓口営業開始時刻から売り出す。(布谷真基)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ