無罪の女性、労災認定 佐賀・武雄労基署 「犯人視で適応障害」

西日本新聞 社会面 山下 真

 佐賀県嬉野市の老人ホームに入所していた男性の胃ろうカテーテルを抜いたとして傷害罪に問われ、無罪が確定した同県鹿島市の女性(34)が、武雄労働基準監督署に労災認定されていたことが分かった。女性が施設側に犯人扱いされ、自宅待機を命じられた直後に適応障害を発症したと判断した。無罪事件を巡る労災認定は珍しいという。

 代理人の吉田俊介弁護士によると女性が介護職員として勤務した老人ホームで2014年12月、男性入所者の胃ろうカテーテルが外れる事態が起きた。施設側は15年2月から女性を自宅待機として警察に通報。県警は同年5月、女性を傷害容疑で逮捕した。女性は傷害罪で起訴されたが、佐賀地裁は17年12月、「故意に抜いたというには合理的な疑いが残る」として無罪判決を言い渡した。佐賀地検は控訴せず、無罪が確定した。

 判決を受け、女性側は18年10月、「ホームを運営する社会福祉法人が、女性がカテーテルを抜いたと決めつけ、犯人扱いした。女性は精神的負担を負った」と訴え、労災認定を申請。労基署は「女性が一方的に犯人扱いされた」と判断し、心理的負荷の度合いを、3段階で最高の「強」と認めた。認定は4月23日付。

 吉田弁護士は「無罪になった事件で労災が認められるケースは珍しく、画期的だ。労災制度を使えば冤罪(えんざい)を助長した企業の責任を追及することができると、社会に認知された点で大きな意味がある」と語った。

 女性は逮捕後に症状が悪化し、うつ状態となった。一時は睡眠障害で歩行できずに車いすで生活し、現在も働くことができない。18年7月、女性は「精神的苦痛を受けた」として社会福祉法人を相手に損害賠償など約1470万円を求め、佐賀地裁に提訴している。 (山下真)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ