速度違反に逆転無罪 「オービス画像不鮮明」 福岡高裁

西日本新聞 社会面 鶴 善行

 福岡県福津市の国道でスピード違反をしたとして道交法違反の罪に問われた同県内の女性被告(25)の控訴審判決で、福岡高裁は14日、求刑通り罰金5万円とした一審福岡地裁判決を破棄、無罪を言い渡した。野島秀夫裁判長は、速度違反取り締まり装置(オービス)と女性の顔を比較し、同一人物である可能性を示した鑑定結果について「一審判決は評価を誤っており、不合理だ」と述べた。

 女性は2015年1月、福津市の国道で、制限速度を35キロ上回る時速95キロで自動車を運転したとして在宅起訴された。一審の公判では、証人として出廷した女性の友人が「運転したのは私」と名乗り出て、誰が運転していたのかが争点となっていた。

 判決理由で野島裁判長は、一審判決が有罪の根拠とした鑑定結果について「オービスの画像は不鮮明な上、顔の部位の位置関係が全て合致しているわけでもない」と指摘。「鑑定のみに依拠して犯人と被告の同一性を認めた一審判決は是認できない」とした。

 さらに運転に至る経緯などを踏まえると、自分が運転したと主張する友人の証言は、信用性が全くないとは言い切れないと判断。「被告か友人、それ以外の人物が運転した可能性は排除できない」と結論付けた。

 福岡高検は「判決内容を精査、検討し適切に対処したい」としている。 (鶴善行)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ