トランプ氏、政敵捜査に「関心」 弾劾公聴会で米高官証言

西日本新聞 国際面 田中 伸幸

 【ワシントン田中伸幸】トランプ米大統領のウクライナ疑惑を追及する議会下院の弾劾調査の公聴会が始まった。初日の13日は政府高官2人が証言した。テーラー駐ウクライナ代理大使は、野党民主党の有力大統領候補バイデン前副大統領の家族に絡む捜査にウクライナ政府が乗り出すかどうか、トランプ氏が部下への電話で「関心を示していた」と明らかにした。

 これまで非公開の証言によって進められてきた弾劾調査は、全米でテレビ中継される公聴会に移った。トランプ氏弾劾への慎重論も根強い中、民主党は公聴会を続け、トランプ氏に不利な証言を国民の目の前で積み重ねて、弾劾訴追へ向けた機運を高めたい考えだ。

 下院情報特別委員会による13日の公聴会には、既に非公開で証言したテーラー氏とケント国務副次官補が証人として出席。テーラー氏は他の米政府高官らから得た情報から、バイデン氏の息子に関するウクライナ側の捜査の実施が、米側による軍事支援などの交換条件だとトランプ氏が位置付けていると理解したと述べた。ケント氏も「政敵の捜査を外国に求めるのは不適当だ」などと証言した。

 一方、トランプ氏は13日、トルコのエルドアン大統領とホワイトハウスで会談。記者会見で「公聴会は忙しくて見ていないが、証言はまた聞き情報にすぎないと報告を受けた」と平静を装った。公聴会で明らかになった部下との電話については「覚えていない」とぶぜんとした表情を見せた。

 大統領の弾劾に絡む公聴会は約20年ぶり。米メディアは「歴史的な日」と大々的に取り上げ、テレビ各局は特別番組を編成して生中継した。民主党は今後、公聴会を頻繁に開催し、疑惑を「職権乱用」と国民に印象付けて来年の大統領選を有利に進める狙いがある。

 しかし、米メディアからは「(弾劾罷免に値する)決定的な証言は何もなく、これでは与党共和党議員の造反にはつながらない」との指摘も。ワシントン在住の民主党支持の40代男性は「公聴会の証言で国民の反響がどこまで広がるか、全く分からない」と話した。

 疑惑を全否定するトランプ氏や共和党は、バイデン氏や息子の議会証言を要求。民主党が拒否したため「不公平」と批判を強めている。民主党主導の弾劾調査の不当性を訴え、徹底抗戦する構えだ。

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ