高架化「相当期間遅れる」 春日原-下大利間 西鉄が県に伝達

西日本新聞 ふくおか都市圏版 前田 倫之 坂本 公司

 2020年度までに線路を高架に切り替える計画の西鉄天神大牟田線春日原-下大利間(約3・3キロ)の連続立体交差事業で、事業を進める県は15日、委託先の西鉄から「不測の事態により、完成時期が相当期間遅れる」と伝えられていたことを明らかにした。福岡市の雑餉隈駅を含む隣接区間と合わせて約5・2キロの区間が同時に高架化される計画だが、全体に遅れが生じる恐れがある。

 県は月内にも学識経験者を交えた委員会を設置。遅れの理由や工期について検討を開始する。県は「速やかに検証し、工期短縮を探りたい」としている。

 春日原、白木原、下大利各駅を含む県の区間は、12カ所の踏切を撤去して高架にする計画。総事業費は約557億円。西鉄が約39億円を負担し、県と国が残る約518億円を折半する。

 県によると、10月31日に西鉄から、春日原駅での工事に絡み事業計画延期の申し入れがあった。新駅舎を造る過程で旧駅舎のホーム下から地質調査で把握できなかったコンクリートの支障物が見つかったという。

 福岡市の区間では、高架橋と同じ高さを通る博多区の筑紫通りの陸橋が解体されるため、2月から仮設踏切がある地上の道路に切り替えている。平日朝は付近での渋滞が慢性化しているが、高架化と同時に予定していた踏切の撤去も先延ばしされる見込みだ。

 市は「県は検証結果がまとまり次第、遅れの理由を住民に説明してほしい」としている。

 市によると、工期が延びると仮設道路用の借地料など年約5千万円の費用負担が生じるという。 (前田倫之、坂本公司)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ