福岡の宿泊税、導入決定 来年4月から徴収

西日本新聞 総合面 黒石 規之

 福岡県と福岡、北九州両市が新設を計画しているホテルや旅館の宿泊客に課す宿泊税について、総務省は15日、高市早苗総務相が導入に同意したと発表した。徴収は来年4月1日からで、県と市の双方が課税する全国初の「二重課税」となる。

 課税対象は、民泊なども含む宿泊料が発生する全ての宿泊者。1人1泊の税額は、福岡、北九州両市内は市税150円、県税50円で、福岡市内では宿泊料2万円以上は市税450円、県税50円となる。両市以外の市町村は県税だけが課税され、一律200円となる。

 年間の税収見込みは県約15億円、福岡市約18億2千万円、北九州市約3億円。使途は観光資源の魅力向上や受け入れ環境の充実などに充てるという。

 総務相の同意を受けて、小川洋知事は「福岡、北九州両市と連携し、円滑な制度の実施を図る」、高島宗一郎福岡市長は「九州のゲートウエーとしての機能強化や観光・MICE(大型コンベンション)の推進に取り組む」、北橋健治北九州市長は「より多くの方に訪れていただくため、より快適に滞在できる取り組みに役立てる」とそれぞれコメントを出した。 (黒石規之)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ