男たちは皆、軽トラックでさっそうと現れる

西日本新聞 社会面 糸山 信

 男たちは皆、軽トラックでさっそうと現れる。腰に工具袋を巻き、草刈り機を自由自在に操る。大半が60~70歳代なのに山中でも足取り軽く、ロープさばきも慣れたもの。かつてテレビで見た西部劇の登場人物たちにも通じる雰囲気が漂う。

 彼らが取り組むのが、ハゼ並木の保存と活用である。福岡県うきは市は江戸時代、木蝋(もくろう)生産のためハゼの植樹が進み、現在も延寿寺川沿いの1キロ弱に約130本が残る。その歴史を後世に伝えようと11年前、建設業や元公務員などの多士済々が立ち上がった。浮羽支局に着任した2年前、末席に加えてもらった。

 秋の深まりに合わせてハゼの紅葉も間近に迫る。幻想的な夜間照明も始まった。今週末と来週末には見物客に鍋やかっぽ酒を振る舞う予定だ。世間的には私もいい年なのだが、ガキ大将を追いかけていた昭和のあの頃のように、男たちの背中からいろんなことを学んでいる。 (糸山信)

PR

デスク日記 アクセスランキング

PR

注目のテーマ