郵便局の過剰ノルマ、死選んだ配達員 自殺の翌日に届いた自腹の商品…妻「何でここまで」

 「夫の死を無駄にしないでほしい」。9日、大阪市内であった郵便局員有志による集会。マイクを握った埼玉県の女性(52)が切実に訴えた。9年前の2010年12月、郵便配達員だった夫=当時(51)=は勤務局の4階窓から飛び降りて亡くなった。年賀はがきの販売ノルマ達成や時間内の配達を執拗(しつよう)に...

残り 1052文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR