伝統工芸士の作品ずらり 20日から伊万里・有田焼伝統工芸士会 陶磁器まつりに合わせイベント

西日本新聞 佐賀版 古賀 英毅

 20日から開催される「秋の有田陶磁器まつり」に合わせ、伊万里・有田焼伝統工芸士会(市川浩二会長)が、会員作品の展示会や絵付けやろくろの実演を有田町外尾町の同会直営展示場「職人舎」で行う。

 イベントは今年で3回目。会場では20~30人の伝統工芸士の新作やクリスマス、正月向け作品が展示即売される。白磁、呉須を使った染付(そめつけ)や色絵、ボタンや桜などの伝統的な意匠からペンギンなど新しいものまで個性あふれる。また、伝統工芸士が作ったペンダントやブローチを1個500円の「ガチャガチャ」で販売。クリスマスツリー用の飾りや子供用食器、箸置きも並べる。

 会期は24日まで。同会副会長の山口政勝さん(64)は「旅行気分で有田を散策し、ゆっくり作品を見てほしい」と話した。問い合わせは同会事務局=0955(42)3164。(古賀英毅)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ