大牟田市長 関氏初当選

 福岡県大牟田市長選は17日、投開票され、無所属新人の元県環境部長関好孝氏(60)=自民、公明推薦=が、元職の政治塾主宰古賀道雄氏(75)ら無所属2人を破り、初当選した。

 炭鉱閉山後の人口減少に歯止めがかからない中、新たなまちづくりの手法が主な争点になった。関氏は「県とのパイプ」を前面に掲げ、地元経済界をはじめ多くの団体の推薦も受けて組織選挙を展開。「財政再建」を重要政策に挙げ、4年前まで3期12年務めて知名度に勝る古賀氏との激戦を制した。投票率は35・74%。当日有権者数は9万7027人(市選管調べ)。 (吉田賢治)

■大牟田市長選 (開票終了)

当 関  好孝 無新    17,414

  古賀 道雄 無元    15,760

  福島  功 無新     1,101

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

秋の古本まつり

  • 2021年10月13日(水) 〜 2021年10月26日(火)
  • ジュンク堂書店福岡店 2階「MARUZENギャラリー」特設会場

PR