ローマ法王爆心地へ 38年ぶり来日を前に(上)思考 違い超え、身近な平和求め

西日本新聞 社会面

 13億人の信者を擁するローマ・カトリック教会のトップ、法王フランシスコ(82)が24日、初めて長崎の爆心地に立つ。ローマ法王の来日は先々代以来、38年ぶり。現法王のこれまでの歩みや思考から、長崎を訪れる意味と影響を考える。

    ◇   ◇ 

 上空500メートルで原子爆弾がさく裂した瞬間、7万人余の命が失われた。その直下、黒い石柱が天を指す長崎原爆の爆心地で、法王が核廃絶を唱える。

 長崎への原爆投下から70年後の2015年8月9日。イタリア・ローマにあるバチカン市国のサンピエトロ広場は日曜の祈りをささげる信者であふれた。窓から姿を現したフランシスコはヒロシマとナガサキを口にして、続けた。「この悲劇的な出来事は、長い歳月を経てもなお、恐怖と嫌悪感をかき立てる」

 歴代法王も核に言い及んできた。「地球全体で大惨事が引き起こされるかもしれない」(1943年、ピウス12世)、「核戦争に勝者などなく、すべての人が犠牲となる」(2006年、ベネディクト16世)。

 17年、核兵器禁止条約の国連採択を受け、バチカンはすぐに条約を批准。地球上の核弾頭はピークだった1986年の2割に減ったが、なお1万3880発(今年6月現在)が存在する。

      ◇

 フランシスコことホルヘ・ベルゴリオ氏はアルゼンチンに生まれた。中南米は域内での核の生産や保有を条約で禁じた初の非核兵器地帯。だが経済力が乏しい母国では軍事政権が台頭、民主化を求める国民への拷問や殺害が相次いだ。

 所属する男子修道会「イエズス会」の神父らも反体制と目され犠牲になった。会の日本管区長デ・ルカ・レンゾ氏(56)は「法王は、軍事政権下で身近な平和の尊さを思い知らされた」と指摘する。

 当時、フランシスコは会のトップ、ペドロ・アルペ神父に助言を求め何度もローマに足を運んだ。戦時下の広島で布教活動中に被爆しながらも負傷者を救護したアルペ氏の薫陶を受けたことが、今の揺るぎない姿勢を生んだのだろう。

 法王就任後は積極外交に乗り出す。2015年にはキューバと米国の国交回復を支え、今年2月にはアラビア半島で初めてミサを行った。「複数の宗教が共存する中東で、対話、出会い、和解の機運が高まりますように」。今月5日、自身の公式ツイッターに、そう祈る動画を配信した。

 アルゼンチンの神学校でフランシスコに学んだホアン・アイダル上智大教授(54)は「小さい(弱い立場の)人から学びなさい」と繰り返し教わったという。いかなる相違も恐れず、あらゆる人々に会うことを実践してきた法王。全ての被爆者の思いを携え、長崎の爆心地に立つことは必然でもある。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ