初当選の関氏「身が引き締まる」 大牟田市長選一夜明け会見

西日本新聞 筑後版 吉田 賢治

 17日の大牟田市長選で初当選した関好孝氏は一夜明けた18日、市内の事務所で記者会見を開いた。「重責に身が引き締まる思い。力を最大限発揮して市民と一緒に市の発展に努力したい」と改めて意欲を語った。

 選挙戦は「新人で(知名度がなく)厳しい戦いだった」と振り返った。当選後に小川洋知事ら知人、友人から祝福の電話やメールが相次ぎ「あまり寝てません」と笑顔も見せた。

 まちづくりへの取り組みでは「産業政策で働く場を増やす。子育て支援や教育の充実にも取り組み、若い人が住み、人材によって地場企業が伸びる好循環を生み出していく」と強調。全国公開中の映画「いのちスケッチ」にも触れ「大牟田のイメージを良い方向に変えるきっかけになる。積極発信をトップセールスしていきたい」と語った。

 市が解体する方針の市庁舎本館(国登録有形文化財)は「市民が長年親しみ価値がある」と認めた上で、改めて「維持費を減らして残せるかどうか再検討し、市民の意見を聞いて決める」と表明。市民アンケートは、市方針の是非を問うだけでなく「議会と協議し、市民に分かりやすいアンケート実施を進めたい」と述べた。 (吉田賢治)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ