不燃ごみに散弾銃実包か 飯塚のリサイクルセンターで発見

西日本新聞 筑豊版

 飯塚市入水にある「リサイクルセンター」で、不燃ごみの中から、散弾銃の実包とみられる物体が計15個見つかった。飯塚署は実包かどうか鑑定し、火薬類取締法違反の疑いで調べる。

 施設を管理するふくおか県央環境広域施設組合(飯塚市)によると、物体は10月28日午後2時半ごろ、作業員が不燃ごみの内容物を確認中に発見。

 ごみは、嘉麻市の嘉麻クリーンセンターに不燃ごみとして持ち込まれたが、可燃ごみと選別するため、リサイクルセンターに運ばれていた。

 同29日、組合の担当者が署に報告。嘉麻クリーンセンターでは、嘉麻市の山田、碓井、嘉穂地区のごみを受け入れている。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ