ギラヴァンツJ2昇格とVに王手 群馬に勝利 24日ホーム戦

西日本新聞 北九州版 岩佐 遼介

 サッカーJ3首位のギラヴァンツ北九州は17日夜、アウェーで3位ザスパクサツ群馬に1-0で勝利し、J2昇格(2位以内)に王手をかけた。次節の24日のカマタマーレ讃岐とのホーム戦で、昇格とリーグ優勝の可能性がある。

 リーグ最多55得点の攻撃力が武器の群馬と、リーグ最少25失点のギラヴァンツの一戦。一進一退の攻防が続いていた前半36分、左サイドのMF国分伸太郎選手(25)が競り合いを制して中央に展開。ペナルティーエリアの右手前でパスを受けたMF高橋大悟選手(20)がミドルシュートをゴール左隅に沈めて先制した。

 後半は、カウンターから攻撃される時間が増え、終盤には群馬がパワープレーに打って出たが、パスをつないでしのいだ。試合終了のホイッスルが鳴り響くと、選手たちは拳を突き上げたり、抱き合ったりして勝利を喜んだ。8月の加入後11試合7得点と活躍する高橋選手は「(次の試合を)勝てば昇格。スタジアムを満員にしてほしい」とクラブを通じてコメントした。

 成績は18勝8分け5敗の勝ち点62。残り3節で3位群馬、4位ロアッソ熊本との勝ち点差が8に、2位藤枝MYFCとの勝ち点差は5となった。24日のミクニワールドスタジアム北九州(小倉北区)での讃岐戦は午後3時キックオフで、勝てば他のチームの結果に関わらず昇格となるほか、藤枝が引き分けか負けでリーグ優勝も決まる。ギラヴァンツが引き分けか負けた場合は、群馬と熊本がともに引き分け以下の結果で昇格となる。 (岩佐遼介)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ