版画家小崎さん、島原で個展 世界ジオパーク認定10周年記念 

西日本新聞 長崎・佐世保版 真弓 一夫

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「世界ジオパーク」の認定を受けている島原半島をテーマにした、版画家小崎侃(かん)さん(77)=長崎市風頭町=の個展が24日まで、島原市城内の島原文化会館小ホールで開かれている。入場無料。

 小崎さんは平成新山(溶岩ドーム)などを題材にした作品群を手掛け、2009年の認定への機運を盛り上げた実績があり、10周年を記念して同市が個展を企画。四曲屏風(びょうぶ)の連作「平成噴火」「湧水群」「眉山山体崩壊」「千々石断層」(いずれも高さ1・8メートル、幅3・6メートル)など大作を中心に木版画12点、水墨画3点を展示している。

 小崎さんは「噴火の恐ろしさや島原の地形、豊かな自然の美しさ、版画の大作の魅力を感じてもらえれば」と話している。(真弓一夫)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ