ギリシャ神話など描いた50点 八女市で青沼茜雲さん個展

西日本新聞 筑後版 丹村 智子

 広川町を拠点に制作している画家の青沼茜雲さん(84)の個展が、八女市黒木町のグリーンピア八女の明治の館で開かれている。青沼さんはフランスの美術展覧会「サロン・ドートンヌ」の会員で、国内外で高く評価されている。ギリシャ神話の女神を描いた新作など、約50点を展示。12月1日まで。

 青沼さんの作品は、雅号にしている「茜(あかね)」色が特徴で、富士山や神社仏閣など日本の美を多く描いてきた。金箔(きんぱく)をふんだんに用いるほか、近年は虹を描き込んで幻想的な雰囲気を演出している。「虹に希望や吉兆を呼び込むよう願いを込めて描いている」と青沼さん。入場無料。午前10時~午後4時半。グリーンピア八女=0943(42)2400。 (丹村智子)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ