DNA型鑑定、緊張の連続 毛利公幸さん 【連載・科捜研のリアル❷】 (3ページ目)

西日本新聞 黒田 加那

 実は毛利さんは妻も同じ研究員という「科捜研の夫婦」。あな特通信員の質問をぶつけてみた。

 -科捜研がテーマのドラマを見たことは?

 「自分自身はあまり見ませんが、妻が好きなので一緒に見ることもあります」

 -ドラマを見ていてリアルだなと感じることがありますか?

 「『(科捜研で使っているのと)同じ装置が置いてあるね』と妻と2人で盛り上がります。逆に『この装置では、ここまで解析できないよね』と突っ込むこともあります」

 -ドラマに憧れて科捜研に入った人がいますか?

 「妻は学生時代からドラマを見ていて、影響を受けたようです。私が科捜研に入ったころは今のようにドラマで科学捜査がクローズアップされることは少なかったですが、その影響で、希望者が増えているように感じます」

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ