窯元や名所巡って唐津焼をもらおう 北波多でスタンプラリー

西日本新聞 佐賀版 津留 恒星

 唐津焼発祥の地とされる唐津市北波多で窯元や名所を巡る「北波多わくわくスタンプラリー」が開かれている。全18カ所のうち6カ所を回ると唐津焼の小皿(先着100人)、12カ所を回ると唐津焼のフリーカップ(同80人)がもらえる。

 焼き物文化や地域の歴史を広く知ってもらおうと、商工関係者や唐津焼作家などでつくる「唐津焼の里育成協議会」が一昨年に始め、今年で3回目。

 窯元9カ所のほか、唐津焼の最も古い窯跡の一つとされる国史跡「飯洞甕下窯(はんどうかめしもかま)跡」、日本近代化に貢献した大規模炭鉱「芳谷炭坑」の坑口跡、国登録有形文化財の古民家ギャラリー「草伝社」などを巡る。

 スタンプの台紙は、北波多公民館や各窯元などで配布。農産物直売所の「岸岳ふるさと館」で景品と交換できる。協議会は「北波多の歴史を学び、窯元に足を運ぶいい機会なので気軽に巡ってもらえたら」と呼び掛けている。

 ラリーは12月25日までの予定だが、景品がなくなり次第終了。北波多市民センター産業・教育課=0955(53)7135。

(津留恒星)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ