日田“進撃”のふるさと納税 特産の杉使い 人気漫画が支援へ

西日本新聞 社会面 杉野 斗志彦

 人気漫画「進撃の巨人」の作者諫山創さんの出身地、大分県日田市は20日、「進撃の巨人」を活用したまちおこし活動への支援事業に充てる「ふるさと納税」の募集を始めた。寄付者には通常の返礼品のほか、諫山さんのイラスト入り日田杉製ファイルを贈り、進撃ファンをはじめ、市外の人に特産品をPRする。

 同市では民間団体がクラウドファンディングで資金を募り、来年4月の完成を目指し、「進撃」の主人公エレンらの銅像を同市大山町の大山ダムそばに建立する計画を進めている。市はこの活動を支援するため、本年度中にダムまでのルートや銅像を紹介するチラシを作成し、3、4カ所に案内看板も設置する予定。

 日田杉製ファイルは、市内の企業が作成したA4サイズ。諫山さんが書き下ろしたエレンらが描かれている。この支援事業の寄付者に「寄付金受領証明書」を入れて送る。

 寄付の募集は来年1月末まで。ふるさと納税仲介サイト「ふるさとチョイス」や「楽天ふるさと納税」などでこの事業への寄付を指定する。寄付が500件に達し次第、終了する。市地方創生推進課は「林業のまち日田をアピールするいい機会になる」と期待している。同課=0973(22)8227。 (杉野斗志彦)

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ