首相、招待者選定に関与 昭恵夫人も 推薦枠は1000人 桜を見る会

西日本新聞 一面 下村 ゆかり

 安倍晋三首相は20日の参院本会議で、首相が公費で主催する「桜を見る会」の招待者に関し「私自身も事務所から相談を受ければ、推薦者について意見を言うこともあった」と述べ、人選過程に関与していたことを初めて認めた。菅義偉官房長官も衆院内閣委員会で、今年の招待者の推薦枠を「首相千人程度」「自民党約6千人」と説明。内閣府は「安倍昭恵夫人による推薦もあった」ことを明らかにした。

 首相は自身の関与について、8日の参院予算委の答弁で「私は主催者としてあいさつや接遇は行うが、招待者の取りまとめなどはしていない」と否定していた。

 この日は、桜を見る会の「推薦者」では事務所に意見を言ったことを認め、実際の「招待者」に関しては「内閣官房と内閣府が最終的に取りまとめたプロセスに一切、関与していない」との主張を展開。8日の答弁は虚偽ではないとした。

 その上で首相は、「これまでの運用は大いに反省すべきだ。今後、私自身の責任で招待基準の明確化や招待プロセスの透明化を検討し、予算や人数も含め、全般的な見直しを幅広く意見を聞きながら行う」と釈明した。立憲民主党の那谷屋正義氏への答弁。

 また、菅氏は答弁と記者会見で招待者の推薦枠の内訳について、「副総理、官房長官、官房副長官で計千人程度」「公明党関係者、元国会議員、報道関係者で計約千人」「各省庁が推薦する功労者などが約6千人」などと説明。各省庁が提出した推薦者名簿のうち、廃棄されていない分は速やかに公表していく方針を示した。首相の後援会が取りまとめた参加者名簿と、後援会主催の「前夜祭」のホテルの明細書は、ともに「ない」と断言した。

 内閣府の担当者は衆院内閣委で、共産党議員から5月9日に招待者名簿の公開要求があり、同日に名簿を破棄していたとし、理由を「この日にシュレッダーが空いたため」と答弁した。電子データも同時期に破棄していた。 (下村ゆかり)

PR

政治 アクセスランキング

PR

注目のテーマ