イモ架空取引で1300万円 青果卸売元社員を背任容疑逮捕 福岡

西日本新聞

 福岡県警福岡東署などは21日、背任の疑いで、青果卸売会社「福岡大同青果」(福岡市東区)の元社員の男(38)=同県朝倉市=を逮捕した。男は昨年3月、架空取引で計約2億5千万円を着服したとして同社を懲戒解雇されており、署は余罪があるとみて調べている。

 逮捕容疑は2016年6月3日~同7月28日、ナガイモを県内の卸売会社からの委託を受けて別の仲卸会社に販売する架空の取引が成立したように装い、福岡大同青果から卸売会社に4回にわたり計1312万825円を振り込ませ、福岡大同青果に損害を与えた疑い。

 署によると、男は当時、ナガイモなどの販売業務を担当する課の係長だった。署によると、容疑を認めているという。(古川大二)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ