JR九州新観光列車は「36ぷらす3」 7県を5日で周遊 来秋運行

西日本新聞 石田 剛

 JR九州は21日、九州7県を周遊する新たな観光列車の名称を「36ぷらす3(さんじゅうろくぷらすさん)」にすると発表した。5日間かけ九州7県を巡るルートを設定。全席グリーン車仕様で定員100人程度。1日ごとに乗車でき、料金は昼食付きで1日1万~2万円を想定する。2020年秋に運行を始める計画だ。

 列車名は九州が世界で36番目に大きな島であることなどにちなむ。5日間の各ルートで、それぞれ七つずつ沿線の魅力を語るエピソードを紹介。乗客自身に「36番目の物語を紡いで」との意味を込めた。「ぷらす3」は乗客、地域住民、JR九州を表し、「感謝=サンキュー(39)の輪を広げたい」(同社)としている。

 運行ルートは、毎週木曜日に博多を出発し、熊本を経て鹿児島中央へ。金曜日に宮崎に入り、土曜日に大分・別府へ。日曜日に小倉経由で博多に戻り、月曜日に博多から佐賀を経由して長崎まで往復する。

 特急「つばめ」などで使われていた787系を改造。同社の観光列車を手掛けてきた工業デザイナーの水戸岡鋭治氏がデザインを担当する。6両編成で外装は黒と金を基調とする。

 寝台などは設けず、昼食なしで料金が安い切符も用意し、旅行プランに一部区間を組み込むなど幅広い利用を狙う。JR九州の青柳俊彦社長は「九州の全てが詰まった“走る九州”のような列車になればいい」と述べた。(石田剛)

PR

経済 アクセスランキング

PR

注目のテーマ