天元戦熱戦に期待 久留米市で前夜祭

 囲碁の第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)第3局を前に、対局場となる久留米市のホテルマリターレ創世久留米で21日、前夜祭があった。井山裕太天元(30)と挑戦者の許家元八段(21)が登壇。参加者は熱戦に期待を寄せた。

 大久保勉市長は「素晴らしい一局が久留米で開催されることをうれしく思う。ベストを尽くしてほしい」とあいさつ。1勝1敗で迎えた第3局であることを踏まえ、日本棋院常務理事の大淵盛人九段は「天王山をどちらが制するか日本中が注目している」と述べた。地元の小学生は両対局者に花束を贈った。

 対局は22日午前9時開始。同ホテルでは午後2時から、吉岡薫八段が解説者、金賢貞四段が聞き手を務める大盤解説会もある。景品が当たる「次の一手クイズ」を交えながら、両者の作戦や心理を読み解く。入場無料。 (諏訪部真)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR