地元産カキでバジルソース 津奈木漁協が開発、地元で人気

 津奈木漁業協同組合(津奈木町)は、地元産のカキを使ったバジルソースを開発した。ニンニクの効いたオリーブオイルをベースに、こくのあるまろやかな味わいが特長で、同町の物産館「つなぎ百貨堂」の人気商品になっている。

 同漁協が毎年冬に開催しているカキ小屋「つなぎオイスターバル」で提供していたバジルソースが好評だったため、改良して今月から販売を始めた。水俣・芦北地域で生産するバジルやニンニク、みそに、ペースト状のカキを加えることで磯の風味とうま味も楽しめるよう仕上げた。

 開発を担当した同漁協の宮山徹さん(39)は「地元の食材にこだわり、パスタやサラダなどさまざまな料理に合うと思う。ぜひ食べてほしい」と話した。今後は、東京や福岡などへの販路拡大を目指す。90グラム入りで880円。(村田直隆)

熊本県の天気予報

PR

PR