諫早湾の養殖カキ8割死滅 大雨や台風、成育できず

西日本新聞 長崎・佐世保版 山本 敦文

 諫早湾の冬の味覚、カキが今シーズンは壊滅的な被害に陥っている。8月以降の記録的な大雨や台風の影響とみられ、漁業者からは「死活問題だ」と深刻な声が上がる。

 諫早市の小長井漁港から沖合約500メートル。カキ養殖用イカダから海中に垂らしていたロープを引き上げ、漁業者の平田寛俊さん(52)は顔をしかめた。

 「ほとんど死んでしまっている。カキの養殖を20年以上やっているが、こんなにひどいのは初めて」

 養殖は春にホタテガイの貝殻をロープに結んで沈め、付着したカキの幼生を育てる。11月下旬から収穫シーズンに入るが「例年ならば育ったカキの重みで海面すれすれまで沈む」という湾内のイカダは、どれもぷかりと浮いたままだ。

 カキの成育状況を調査している県総合水産試験場によると10月中旬時点で8割が死滅。「大雨による塩分濃度の低下や、台風による海水の攪拌(かくはん)などが重なったため」という。諫早市は今月、緊急の予算を組み、人工的に育てたカキの種苗の購入を支援する対策に乗り出した。

 諫早湾のカキは国営諫早湾干拓事業による潮受け堤防の閉め切り後、高級二枚貝タイラギに代わる漁業資源として広まった。小長井漁協では毎年190トン前後の漁獲量があり、組合員38人が生計を立てている。(山本敦文)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ