会社社長の車銃撃 実行犯に懲役10年 福岡地裁判決

西日本新聞 社会面

 北九州市小倉北区の駐車場で2008年に建設会社社長の車が銃撃された事件で、殺人未遂などの罪に問われた特定危険指定暴力団工藤会系の元組員、国本卓也被告(49)に対し、福岡地裁は22日、懲役10年(求刑懲役15年)の判決を言い渡した。この事件では被告を含め計3人が起訴されており、初めての判決。

 判決理由で太田寅彦裁判長は、被告を実行犯と認定した上で、銃弾が車体を貫通した状況などから「人を死亡させる危険性は高く、被害者の精神的苦痛は大きい」と指摘。動機について「暴力団排除の姿勢を示した建設会社の代表者を狙い、意に沿わない企業への威嚇、見せしめと推察される」と述べた。

 判決によると、国本被告は組幹部らと共謀し08年9月17日、小倉北区の駐車場で車に乗っていた建設会社社長に拳銃5発を発射、うち4発を車の右後部座席ドアに貫通させるなどして殺害しようとした。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ