『いのちき 松原農園だより』  まつばらまなぶ 著 (石風社・1320円)

西日本新聞 文化面

 28年間勤めていた九州大を辞め、2012年から郷里の宮崎県延岡市北浦町で新規就農した著者。妻や3人の子どもと力を合わせ、開放的な鶏舎でニワトリを平飼いする自然養鶏を中心に、米や麦、野菜を栽培して生計を立てる。卵を買ってくれている消費者に、自分たちの信条や生活、農園の様子を知ってもらおうと毎月発行している「松原農園通信」を編みなおした本書からは、謙虚な態度で自然と向き合い、明るく、そして力強く生きる姿勢が伝わってくる。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ