長崎北陽台が連覇 高校ラグビー県大会 長崎南山を下す

西日本新聞 長崎・佐世保版 西田 昌矢

 第99回全国高校ラグビー県大会の決勝が23日、長崎市総合運動公園かきどまり陸上競技場であり、長崎北陽台が長崎南山を26-19で破った。長崎北陽台は2年連続18回目の優勝で、12月27日に大阪府の花園ラグビー場で開幕する全国大会に出場する。

 長崎北陽台は前半、モールで長崎南山の守備を突き崩し、16分に中原拓海選手のトライで先制。その後も得点を重ねて21-0で前半を終えた。長崎南山は後半17分の初得点をきっかけに攻勢を強め、池田大地主将のトライなどで19点を返したが、及ばなかった。

 長崎北陽台は今年1月の全国大会でベスト8。次はベスト4入りを目指す。岡崎颯馬主将は「満足のいく勝ち方ではなかった。残り1カ月間、練習に打ち込んで花園に臨みたい」と気持ちを引き締めた。品川英貴監督は「しっかりと試合を振り返り、このレベルで終わらないようにしたい」と話した。(西田昌矢)

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ