力作392点勢ぞろい 佐賀県展始まる

西日本新聞 佐賀版 金子 晋輔

 第69回県美術展覧会(実行委員会主催、西日本新聞社など後援)が23日、佐賀市城内1丁目の県立博物館・美術館で始まった。地元を中心に活動するプロやアマチュア作家による392点が並び、多くの人が鑑賞した。12月1日まで。

 日本画、洋画、彫刻、工芸、書、写真、デザインの7部門で入賞、入選作品などを展示。佐賀市久保田町の料亭経営、志波明子さん(73)は「いつ見ても感心する作品ばかり。毎年この時期を楽しみに鑑賞している」と話した。

 会期中に休館日はなく、開館は午前9時半~午後6時(12月1日は午後4時まで)。観覧は大人300円、大学生など200円。高校生以下と障害者手帳を持つ人、75歳以上は無料。(金子晋輔)

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ