先月末、高校生が…

西日本新聞

 先月末、高校生が朝倉市活性化のアイデアを発表する第9回「朝倉市の未来予想図 高校生の提言」に審査員として参加した。「食」をテーマに若い感性が光る活性化策が次々と提案され、大いに刺激を受けた▼最優秀賞を受賞したのは朝倉高2年のチーム。甘木と秋月の両エリアを先に活性化させることで、地域全体の浮揚を図るべきだと力説。両エリアと他地域の「食」を巡回観光バスで結びつけるなどの提言をした。一過性ではなく、持続可能なにぎわいの創出を-。まちづくりの本質に迫る生徒たちの真剣な訴えに、思わず背筋が伸びるような思いがした▼「何か一つでも良いので、ぜひ実現してほしい」と生徒たち。子どもたちが投げたボール(思い)を地域がどう受け止めるのか、真価が問われている。(横山太郎)

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ